時計の売買歴、おおよそ四半世紀。
おそらく推定95%くらいが海外ブランドのモデルです。

そのせいか、最近国産アンティークに心惹かれます。

この時計も最近某オクで購入しました。
セイコー ユニーク

国産アンティークでの問題。

普段カジュアルな服装で使用するには「お爺ちゃんの時計感」が強いのです。

特にブラックのヘリ返しや半ヘリのストラップが付いていると尚更です。

そこで早速ストラップを製作。

フレンチカーフ トルティエール

最近の松下庵では1番ホットなフレンチカーフ、
「トルティエール×ゴールド」です。

セイコー ユニーク

いかがでしょうか?

おおよそ60年くらいは経過しているモデルだと思いますが、だいぶイメージの現代化が出来たのではないでしょうか?

セイコー ユニーク トルティエール

こうして装着するストラップで時計のイメージを変えるのも、オーダーの楽しみです。